BLOG

オンラインデート

【オンラインデート】耳が聞こえないけど大丈夫ですか?もちろんです。ホワイトボードでお話しました。

目次

皆様、こんにちわ。

沖縄県那覇市のレズビアン結婚相談所2wifey(トゥーワイフィー)のコンシェルジュ恩河(おんが)です。

先日、40代の沖縄県と広島県の会員様がオンラインデートを行いました。

 

 

耳が聞こえなくても、大丈夫

 

生まれつき耳が聞こえない会員様、今回初めてのオンラインデートに挑戦されました。

これまで男女の結婚相談所に出会いを求めて、相談したこともあったそうですが「耳が聴こえないから」といる理由で断られてしまい、どうしたらいいのかわからないというお気持ちで2wifeyへ相談してくださいました。

レズビアンでさらに、ろう者の方の出会いは、困難を極めると思います。

その理由はまず、レズビアンの母数自体が少ない100人中多くて2名という想定だからです。

電通ダイバーシティー2020の調べより

さらに、耳が聞こえないというダブルマイノリティー。

自分の人生をどう生きるか、勇気をだして、本気で考えてきてくださった方に向き合いたいと私は思っています。

 

無料カウンセリングでは、どうやってこの先オンラインデートをしようか。

筆談、ホワイトボードでのコミュニケーションなど、ZOOMのチャットでお話したり、またラインで連絡を取りながらお話をしていました。

今回、同年代で同じお悩みのあるお二人をお繋げしました。

お二人共、県外であるにも関わらず「話してみたい」「出会ってみたい」というお気持ちで繋がりました。

 

 

ほっこりのゆんたく時間

 

40代のお二人のオンラインの時間は、一言でいうと「ほっこり」でした。

笑顔がとても素敵で、休日の午後をさらに癒やしてくれました。

お二人には今回ホワイトボードを用意してもらい、コミュニケーションをとることに。

口頭での会話と異なり、キャッチボールに時間がかかるため60分のオンラインデートはあっという間に過ぎてしまいました。

百均で購入したホワイトボードに、コメントしながら会話のキャッチボールは楽しんでいただけたようで一安心。

私は小さなボード7枚に、事前に使うであろう言葉を書いて用意していました。

急いで書きなぐるので、汚い字で申し訳ありませんという気持ちでした。

私の7枚のボードは過去に、男女の婚活パーティーを企画していたときに用意していたものです。

一度も使わなかった記憶がありますが、こんなふうにまた誰かの為に利用できるときがくるとは数年前は思いませんでした。

 

ボードオンラインデート

 

二人にとって、素敵な休日となっていたら嬉しいです。

 

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう。

 

 

レズビアン安心

 

 

 

インタビューLGBTQ+

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

BLOG