BLOG

嬉しいご報告

【嬉しいご報告】「実はお付き合いをすることになりました」

目次

皆様、こんにちわ。

Lesbian Connection(レズビアンコネクション)コンシェルジュの恩河(おんが)です。

本日は、会員様から嬉しいご報告がきましたよ。

 

女性同士のカップルがまた一組誕生

 

過去にお見合いをされたお二人、やりとりを続けていて、最近お付き合いに発展したそうです。

私もお二人のこと気になっていたので、とても嬉しいですね。

「女性同士のご縁結びをやっていて良かった」とコンシェルジュが胸をなでおろす瞬間です。

 

「お付き合いした」とか「告白したい」という報告を聞くと、私はテンションが上ります。

だって、恋がスタートするんですよ?

これって、本当にすごいことだと思うんです。

 

私は好きな人に、「好き」って言われるなんて奇跡みたいに感じます。

とても嬉しいことですよね。

 

 

➖レズビアンの出会いは難しい現実

 

女性同士の恋愛で、レズビアン・バイセクシュアルの皆様が出会うことは簡単ではありません。

それを知っているので、さらに喜びが大きいのです。

 

一番大きな理由は「母数が少ない」ということが挙げられます。

他にも「出会い方がかからない」「周りの目・偏見」「正しい情報が得られない」「アダルトコンテンツとしての風潮」等ありますが。

やっぱりいちばんは「母数が少ない」ということだと思います。

 

電通ダイバーシティーの2020年の調査によると、LGBTの割合は8.9%と言われております。

 

しかしこれは、「レズビアンって9人くらいはいるのか!案外いる」ということではないのです。

 

こちらはレズビアン・バイセクシュアル・ゲイ・トランスジェンダーを含む数字なので、その中で仮に等分してレズビアンの割合を考えてみると、2%にも満たないのです。

 

男女が100人集まると想定すると、この中にレズビアンがいる確率は1人ということになります。

1000人集めて、やっと10人のレズビアンがいるという確率ですよね。

さらにその10人の中で、お付き合いに発展できる確率はどれくらいなのだろうと考えると、、。

 

向き合うことが、怖くなります。

皆様を不安にさせることをお伝えして申し訳ないのですが、これが現実なのです。

 

レズビアンがパートナーと出会うには行動することが大切

 

男女の出会う場所のベスト王道は「職場」「学校」「友人の紹介」といわれています。

でもレズビアン場合は、100人に1人しかいない割合なのです。

日常生活の中で出会うのは、かなり運がいいですよね。

もちろん、自然な出会いでこれまでお付き合いをされてきている方々もたくさんいます。

でも、それはかなり稀だと思います。

 

だからこそ「レズビアンの集まる場所に行く」ことが大切なのです。

女性同士の出会いを求めている皆様は「行動」しなければ出会えないのです。

 

1人で出会いを探すのは難しいですよね。

だからこそ、レズビアンの出会いアプリ・レズビアンオフ会・レズビアンバーなど、集まる場所に、自分から参加するのです。

自分に合う探し方をすることが大切なので、アプリをしつつオフ会へ参加するという併用もお勧めです。

 

どんな探し方でもいいと思います。

自分が心地良いと感じる、楽しく相手探しができるものがいいでしょう。

 

女性同士の恋愛は、見つけて、さらに好きになって、相手にも好きと言ってもらい、両思いになる。

それはなんと、奇跡の重なり合いだと思います。

 

 

女性同士のカップリングは、本当に嬉しいことなんです。

だから会員様から「お付き合いしました」「恋人ができた」なんて聞いたら、私のほうが眠れません(笑)

 

 

幸せなお二人へのプレゼント

 

カップリングされたお二人には、ケーキとコーヒーをごちそうさせて下さい。

ささやかなプレゼントもご用意しておりますので、沖縄県の会員様は是非、オフィスへ遊びに来て下さいね。

県外の会員様は残念ながら直接お会いすることができませんので、心を込めたお祝いをお送りいたします。

 

 

一人で入会して、二人で卒業。

「ひとりじゃない」って思えるだけで、人は強くなれますよね。

 

 

レズビアンコネクションでは、成婚料・退会料・カップリング料などは一切ございません。

二人でこれから楽しい思い出をたくさん作って欲しいです。

 

では、最後までご覧下さりありがとうございます。

また次のブログでお会いしましょう。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

BLOG