私がLGBTの方専用の婚活応援を始める理由

LGBT

皆さんこんにちわ。

私のホームページにお越し下さりありがとうございます。

私はRainbow connectionの恩河祐美(おんがゆうみ)と申します。

私はこの度、沖縄県に住んでいるLGBTの皆さんのための「真剣な出会い」を提供するサービスを開始することを決意致しました。

私自身はLGBTではありません。

沖縄生まれ沖縄育ちの私は現在、2歳の子供と夫の3人家族です。

青い海と空に囲まれた大好きな沖縄で、のんびりと暮らしております。

実は、私は普段生活をしている中でLGBTの友達が身近にいるわけでもないし、ほとんどLGBTの方との関わりはありません。

でも、実際には「カミングアウトしていないだけで直ぐ側にいる」という可能性ももちろんあると思っています。

 

なぜ私がLGBTの方向けの婚活応援を始めようと思ったのかについてお話しします。

Rainbowconnection

1つ目の理由は、私自身が婚活経験者ということでした。

 

私はただ、恋がしたい、ずっと一緒にいるパートナーがほしい、安心できる人と一緒にいたいという思いでしたが、実際婚活をしているときの気持ちは焦り、不安でした。

 

ただ恋をしたいだけなのに。

どうして「私は出会えないんだろう」

「どこに行けば私の未来の旦那さんを見つけることができるのだろう」といい出会いがないことに悩むことも多かったです。

 

出会いの場や、合コンには数え切れない程参加し、笑い、落ち込み、立ち上がり、婚活に取り組んだ結果、主人と出会い結婚しました。

 

私のように「安心できるパートナーがほしい」「真剣な出会いがほしい」と思うその気持は、LGBTの皆さんも同じではないかと思います。

でも、実際LGBTの皆さん向けの婚活応援サポート等はほとんどありません。

世間での一般的な婚活というものは「異性」を対象にした前提の結婚相談所、婚活パーティーです。

私は、自分の婚活経験があったからこそ、次は誰かの「縁結び」のお手伝いがしたいという気持ちになりました。

沖縄ではLGBTの方の真剣な出会い、婚活を応援するサポートはほとんどないので、「私がやるしかない」と思い、長年勤めていた看護師を半分勢いで退職し、起業することにしました。

 

LGBTの方たちも生涯のパートナーがほしい、自分のことを理解してくれる相手と出会いたい、幸せな恋愛がしたい、誰かを愛したい、そんな気持ちを持っているはずです。

 

そして、多くの方は本当の自分をさらけ出すことができず、せっかく誰かを好きになっても正直に好きと言えなかったり、真剣な恋愛をしたいけどなかなか出会えないという悩みを抱えているのではないでしょうか。

Rainbowconnection

もう一つの理由は、お恥ずかしいのですが。

実は私、那覇市が「同性パートナーシップ制度」を2016年からいち早く導入しているということを知りませんでした。

今更ですが、全国的にもかなり早い段階でこの取り組みをされていて、本当に素晴らしいですよね!

それを知って、那覇市が同性パートナーシップ制度を取り入れているのなら、私がその一歩前の「出会い」を作りたいと思いました。

 

調べてみると2020年5月時点では全国でなんと51の自治体が「同性パートナーシップ制度」を導入しています。

LGBTの方々が生きやすい社会にほんの少しずつですが、近づいていっている感じがしますよね。

これからもっと増えると思います。

 

 

人を好きになるのに、性別は重要なのでしょうか。

大切なのは、誰かを愛する心です。

男性が男性を好きになってもいいし、女性が女性を好きになってもいいですよね。

性にとらわれず、一人一人が自分らしくいられることって、世界平和だなと思います。

 

私はこれからLGBTの皆さんのことを知っていきたいです。

いろんな方との出会いを楽しみにワクワクしながら、この活動を始めます。

どうぞよろしくおねがいします。

恩河祐美

LGBT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで無料相談

Rainbow connectionnoのお問い合わせはこちらからLINE登録をして、お問い合わせ下さい。   友だち追加