BLOG

FTM 沖縄

「オープンに包み隠さず、好きだと思ったら好きだと言う」26歳FTMのTさんにお話を聞きました。

目次

こんにちわ(*^^*)

今回は私の仲良しの友人がFTMの友人(26歳・Tさん)を繋げてくれました。

FTMの彼と私は顔見知り程度で、初対面ではなかったのですが、私が活動をしていることを応援してくれてみんなでランチに行くことになりました。

このようにこれまでは接点のあまりなかった、いろんな方に出会えたり。

仲のいい友人同士で、ご縁が繋がることを嬉しく思います。

今回は沖縄県の南城市にある絶景の見えるカフェOOLOO(オールー)で、友人と3人でワイワイとランチをしながら、少し彼のお話を聞かせてもらったのでブログに書きますね。

ご本人の了解も得ております。

 

FTM 沖縄

 

 

Q Tさんお久しぶりですね。失礼ですが、年は私と同じくらいですよね?

 

違いますよ、僕は26歳です。僕は中身が老けているんですよ(笑)

 

(落ち着いているので勝手に同年代かと思っていました。ごめんなさいね)

 

 

Q 今日はお話も聞かせてもらえるということで、本当にありがとうございます。FTMさんのお話を聞くのは初めてで、私のブログに書いてもいいでしょうか?

 

はい。いいですよ。

僕はオープンなので、包み隠さずいいですよ。

レズビアンだけなのかと思いました。

 

(会員様は全員女性ですが中にはFTMさん、バイセクシャルさん、ストレートだけど女性が気になっている方、などいろんなセクシャルの方がいますよ。初めはLGBTQで打ち出していましたが、お問い合わせがあったのが女性だったのでレズビアンという表現になったんです)

 

 

Q 私のような当事者でない人が、このような活動をすることについてどう思いますか?私にとっては男女の紹介も、女性同士の紹介も同じ感覚です。でもデリケートな部分だから不安もありながらスタートしたんです。

 

逆に自分たちができないことをしてくれて、ありがたいですよ。素晴らしいと思います。

応援しています。

 

(ありがとうございます(*^^*))

 

 

 

Q ありがとうございます。では、早速お願いします。Tさんはお髭も生えていますが、手術もされているのでしょうか?

 

今はホルモン注射だけでまだ手術はしていません。

ホルモン注射は3週間おきに打っています。

いつかは手術したいと思っています。来年くらいにできたらいいな。

 

 

Q ホルモン注射はいつからしているんですか?痛そうと思ってしまうのですが、どこに打っているんですか?

 

 

注射を初めたのは2年くらい前からですね。

お尻や腕に打ちますけど、僕はだいたいお尻です。

お尻は全然痛くないですよ。

腕のほうが痛いと思います。

 

 

Q ホルモン注射をして、初めに変わったのは何でしょうか?

 

一番の変化は声からでした。

注射を3回くらいした頃から、声がガラガラになってきました。

声が裏返るようになって、それから今の低い声に落ち着きました。

それから、すごく食欲が出てこの数年で20kgも太りました。

制服がめっちゃきつくなりましたよ。

 

オールー カフェ

(絶景が一望できるカフェでした。外も気持ちが良かったです)

 

 

Q 手術をするということは子宮を取るということですよね。女性の私の感覚では、子宮を取るとなんだか体だけじゃなく、ぽっかり心にも穴が空くような、そんなイメージなんですけどTさん達にとっては、やっと本来の自分になれるという感覚なんでしょうか?

 

はい、そうですね。

望んでいる姿により近くなるという感じです。

僕はやっぱり嬉しいと思います。子宮は女性の象徴のようなものですよね。

戸籍変更も子宮と卵巣を取る性別適合手術をしないと戸籍変更ができないんです。

乳房切除だけでは戸籍変更はできないんです。

僕はできれば、一回の全身麻酔の手術で全部やりたいなと思います。

仕事は多分2週間くらい休んだら、できると思うので考えています。

僕の友人には、性別適合手術を終えて戸籍変更し、結婚して子供を持ち、男性として幸せに生きている人もいます。

 

 

Q 手術はどこでするんですか?

 

タイです。症例件数も多いですし、日本で手術をする半額くらいでできます。

沖縄だと中部病院でできるけど、タイに比べると料金は倍はすると思います。

僕の周りにも、タイで手術をしている友達が多いですよ。

 

 

Q Tさんは今、お付き合いしている方はいますか?

 

はい、長年付き合っている彼女がいます。

専門学校の頃から付き合っていますね。

 

FTM インタビュー

 

(Tさんのオムライス。卵がキレイ)

 

 

Q Tさんの初恋を教えて下さい。

 

今思えば、多分保育園で女の子が好きだったので、その頃はよくわからなかったけど初恋だったと思います。

小学校ではバスケを始めて、部内の女の子を好きになり

ました。

中学校も女子が好きで、僕は中3から彼女がいました。

 

 

Q どのようにして、お付き合いが始まったのでしょうか?

 

僕は中学校はサッカー部で、彼女は部活の後輩でした。

メールから始まり、自然に付き合うことになりましたね。

特にセクシャルについてとか、性の悩みとか話したりはしなかったですね。

あんまり、悩んだり考えたりしないんですよ。

好きだと思ったら好きだと言うんで、隠せない、オープンなんです(笑)

性同一性障害という言葉をしったのは高校生くらいでした。

 

 

Q もしよかったら、Tさんが家族にカミングアウトした時のお話を聞かせてください。

 

いいですよ。

僕は三人兄弟の一番末っ子です。上の兄と姉とは結構年が離れています。

僕は高校生の頃、初めに姉に打ち明けました。姉は僕のことを心配してだと思うけど、「将来家族を養えるのか」などということを言われました。

高校生だったから、そんなことよくわからないじゃないですか。

「できるし!」という感じだった。それからは姉とはあまり話さなくなりましたね。

 

 

Q お母さんはどうでしたか?

 

実は、母はカミングアウトをする前に僕が18歳の時に亡くなりました。

なので母には直接言えませんでしたが、後から家族に「お母さんは知っていたよ」と言われました。

どうやら母は、気がついていたようです。

 

僕は高校の時はスカートで登校して、学校でズボンに履き替えていたんです。

どうしてもスカートは違和感があって。学校についたらトイレでズボンに着替えていました。

 

 

Q でも、ズボンの洗濯は家でしていたんですよね?家族にばれませんか?

 

はい。そうです、家で普通に洗濯していました。

母親に「スカート穿いて」と一度言われたことはありましたよ。

でも、ズボンを穿いていることを、色々聞かれたりはありませんでした。

気がついていたんでしょうね。

 

 

Q お父さんにはいつ、カミングアウトしたのでしょうか?

 

父には、母が亡くなったあとに、しばらくして手紙を書いて伝えました。

父は僕のこと気がついていなかったようで、メールで返事が来ましたね。

そのとき、父はすでに別の女性と再婚していて、義理の母親にあたる人がLGBTQに理解があったので父を説得してくれたみたいでした。

義理の母親のおかげで父も、少しずつ受け入れることができたみたいです。

 

 

Q Tさんの職場はどうですか?働きやすいですか?

 

とても理解のある職場です。

入職前に、先に友人がバイトしていて友人が僕のことを職場に、伝えてくれていたんです。

なのでとても入りやすかったです。

働きやすい職場です。

 

FTM 沖縄

(外で一緒に景色を見ている後ろ姿を取りたいという私の要望に答えてくれました(笑)

 

Tさんたくさんお話聞かせてくれてありがとうございました。

私の友人も、3人でとっても楽しい時間を過ごしました。幸せな時間をありがとうございました。

店内でうるさい3人だったかもしれません。。。すみません。

 

 

私には、数ヶ月前は全く知らなかった世界です。

でも、深く考えずに「まずはやってみる!」と一歩踏み出してみたら、ぐんぐん広がっていきました。

私は当事者でないから、受け入れてもらえないかもしれない。

そんな不安もありましたが、実際会ってお話をすると「このような活動をしてくれてありがとう」と言ってもらえるようになり、嬉しいです。

 

オープンに自分らしく生きているTさんのように、気持ちのままに素直に。

あんまり悩まないことが大切かもしれませんね(^o^)

Tさんがまた、FTMのお友達を紹介しれくれたので、お話を聞かせてもらえる予定ができました。

ご縁が繋がる♪繋がる♪

また、私の楽しみが増えました。

いろんな方にあってお話を聞くことは楽しいです。

みなさんの思いをわたしがブログで届けます。

 

 

沖縄にお住まいのマイノリティーさんへインタビューのお願い

 

過去に女性とお付き合いをしたことがある女性。

女性が好きな女性。

セクシャルにお悩みの方(レズビアンさん以外でもお問い合わせお待ちしております)

自分のセクシャルがわからない。

誰かに話を聞いて欲しい方。

おんがに話を聞いて欲しい方。

もし、よかったら1時間程お話を聞かせて頂けませんか?

もちろん、インタビューは匿名ニックネームです。

私にも本名は明かさなくていいですよ。

 

ご連絡をくれた方の近くまでおんがが行きますので、ご協力お願い致します。

会うことが難しい方や沖縄県外の方はLINEのテレビ電話、ZOOMでもできます。

報酬は飲食代をごちそうさせて下さい。(オンラインの方は報酬ができず申し訳ありません)

LINEから、お問い合わせお待ちしております。

あなたのお話で、救われたり、共感したり、大きく人生が変わる人間がいるかもしれません。

あなたの存在、感じていることは、とても大切です。

 

レズビアン 出会い 安全

 

過去の、インタビューブログはこちらです。こちらも是非御覧ください。

インタビューブログ「日本人は人と違うところを指差すけど、海外の人は共通するところを探す」

 

「この世界は生きていきにくいと思ったし子供が欲しかった。でも結婚生活は長く続きませんでした」

 

ゲイの友人は父親に打ち明けると勘当されて、無茶な出会いを繰り返しAIDSに感染しました。

 

 

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

BLOG